ネット情報であふれるガジェット系を主にまとめています

iPhoneで遊ぶ夫

ネット

【ネット】大人気映画の裏側は壮絶だった!?ジブリ鈴木敏夫P「ゲド戦記」秘話明かす 最初は映画化断られ「どこの馬の骨とも分からない…」

投稿日:

1: muffin ★ 2018/01/12(金) 14:36:03.88 _USER9

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/12/kiji/20180112s00041000137000c.html
2018年1月12日 14:00

 宮崎駿監督(77)が多大な影響を受けた米女性作家アーシュラ・K・ル=グウィン氏(88)の傑作ファンタジー小説を原作にしたアニメ映画「ゲド戦記」(監督宮崎吾朗、2006年公開)が12日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)でノーカット放送される。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが秘話を明かした。

 「魔法」が日常的に存在する多島海世界「アースシー」。人間の住む世界にいるはずのない竜が突然現れて共食いを始め、魔法使いが魔力を失うなどの異常事態が起こっていた。その原因を探る魔法使い・ハイタカ(菅原文太)はある日、エンラッド国王の父を刺し、国から逃げている王子・アレン(岡田准一)と出会う…。

 鈴木氏は「『ゲド戦記』は宮崎駿にとって念願の企画で、実は『風の谷のナウシカ』(84年)の前に原作者のグウィンさんに映画化を申し出ていたんです。でも当時からすれば、どこの馬の骨とも分からない日本人からの申し出…お断りされてしまいました。それが、年月を経て今度は向こうから打診がきた。細かいことは省きますけど(宮崎駿監督の長男)吾朗くんのデビュー作にいいなと思ったんですよね。『ゲド戦記』の第3巻。年老いたゲドとアレンのやり取りが、僕はいいなと思ったんですよ」と述懐。

 「でもグウィンさんの了承はすぐに出なかったんです。望んでいるのは宮崎駿による映画化だったわけですから。そこで、宮崎駿と僕で会って話をすることになったんです。宮崎駿は説得のために色んなことを話していました。『僕の色んな作品は全部あなたの影響を受けてる!闇との戦い。僕にとってはすごい重要なテーマだった。だけど、それをやるには年を取りすぎた。息子はやりたいって言ってるけど、自分がプロデューサーとして見守るから納得してくれないか』…という感じで。それを話したのがお昼で、その場では夜もう一度お話をしましょうっていうことになって、夜にやっと返事をもらったんです。分かりましたって」

 宮崎駿監督の絵物語「シュナの旅」(1983年)が原案になった。「実は『ゲド戦記』の映画化を断られた時に宮崎駿が『シュナの旅』っていう絵物語を書いていたんですけど、実際に映画を作るときに吾朗くんに『シュナの旅』を作ったらどうかと提案したんです。吾朗くんも基本的にはそれを受け入れて、大きくは違ってますけど、流れているものは同じなんですよね」と明かした。

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515735363/

3: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:37:57.82
結局馬の骨が監督に

 

168: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 15:11:59.77
>>3
うむ

 

4: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:38:00.14
ゲドはほんと意味がわからんし脈絡もないし最悪な映画だよな

 

166: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 15:11:46.34
>>4
原作者が激怒したんだよな。

 

5: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:38:05.04
お前も馬の骨だろ

 

6: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:38:17.22
元アサ芸だしな

 

8: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:38:20.67
パヤオの親バカが駄作を生み出した原因って事ね

 

9: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:38:29.22
テルーの唄だけは好き

 

68: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:50:08.39
>>9
これ
その後あの女の子が恵比寿ガーデンプレイスで歌ってたから聴いたけど本当に綺麗な歌声でファンになりそうになったわ

 

266: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 15:37:09.07
>>68
結局ファンになってないのなお前w

 

10: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:38:48.22
クソ映画

 

11: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:39:06.78
この映画が面白いって人見たこと無い

 

434: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 16:34:46.76
>>11
西島大介が褒めてたな
俺はまごうことなき駄作だと思うけど
意味がわからないって言ってる奴も頭悪いなとは思う
意味も吾郎がやりたい事もわかるけど駄作

 

12: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:39:15.35
原作者にひどいことするよね

 

13: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:39:16.71
でグウィンさんの感想は?

 

66: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 14:49:56.13
>>13
「なにこれ全然ちがう話じゃん」

 

120: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 15:00:13.28

>>13
映画「ゲド戦記」、原作者がHPに批判的「感想」
http://www.asahi.com/culture/movie/OSK200608240047.html

「絵は美しいが、急ごしらえで、『となりのトトロ』のような繊細さや
『千と千尋の神隠し』のような力強い豊かなディテールがない」

「物語のつじつまが合わない」

「登場人物の行動が伴わないため、生と死、世界の均衡といった
原作のメッセージが説教くさく感じる」

原作にはない王子が父を殺すエピソードについて
「動機がなく、きまぐれ。
人間の影の部分は魔法の剣で振り払えるようなものではない」

ゲドの声と挿入歌の「テルーの唄」については
「特に良かった」

 

135: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 15:04:14.38
>>120
作者はトトロや千と千尋が好きだったんど

 

145: 名無しさん@恐縮です 2018/01/12(金) 15:07:07.29
>>120
ちゃんとみた感想だなw

 

 

続きを読む >

-ネット

Copyright© iPhoneで遊ぶ夫 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.