iPhoneでwikipediaを見るならこれしか無い!!"Wikipanion Plus"のレビュー

2ちゃんねるまとめ



Wikipanion Plus ¥600

 

皆さんはiPhoneでwikipediaを開覧する時、どうやって調べていますか??だいたいの人がSafariで調べていると思います。もちろんSafariでも読むことはできますが、このアプリを使用すると格段にwikipediaを見る楽しみが増えます。

 

スポンサーリンク

まずアプリを起動すると起動ともに検索画面が出現します。とても綺麗な立ちあがりなので惚れ惚れしてしまうでしょうw↓

 

今回は検索窓に”iPhone“と入れて説明をしていきます。”iPhone”で検索すると同時に検索候補が一気にでてくるのもこのアプリの目玉です↓

 

 

そして検索を終えるとそのwikipediaのページが最適化されてiPhoneの画面に表示されます↓

 

 

1・・・前の項目へ戻る

2・・・次の項目へ進む

3・・・項目の目次

4・・・関連項目などを調べる事ができる

5・・・ページ内検索やフォントサイズの調整、辞書で調べる

6・・・キュー機能、後で読む機能

7・・・この項目をブックマーク

 

目次機能はその項目の見たい覧をタップすることでその覧に一気にジャンプすることができる。管理人も使ってみたところ大変使い勝手が良いと感じました↓

 

 

関連項目なども一気にチェック可能(この項目の英語ページにもすぐにジャンプできます)↓

 

 

ページ内検索やフォントサイズ調整、辞書検索も可能です。ページ内検索で語句を検索した場合、検索した語句にジャンプし、黄色の枠で囲まれます↓

 

 

 

そしてこのアプリの最大の目玉と言ってもいい昨日が”キュー機能“(後で読む機能)です。このキュー機能はページ内のリンクを軽くタップすると自動的にキュー項目に追加されます(ちなみにキュー機能が”ON状態”の場合はリンクを長押しでリンク先へ移動できます)↓

 

 

ちなみに軽くタップでキュー項目に追加は設定でOFFにする事も可能!!OFFにするとリンクをタップしてもリンクへ即飛びします。

 

 

本題はこれからです。タップでキューに登録した項目はなんとオフラインで読むことが可能です↓

 

 

つまり、どんなに電波が届かない場所だろうが、このキューに項目を貯めておけば、いくらでも開覧可能というわけです!!地下に行くときや飛行機の旅のお供に最適です。

iPhoneの設定からWikipanion Plusの設定を変更できるので自分好みの設定にしてより一層wikipediaを楽しんじゃいましょう☆↓

 

 

実はこのアプリ無料版もあります。wikipediaを見るだけであれば、無料版でもほとんど有料版と同じ機能が使えます。しかし、この無料版はキュー機能が使えないので、オフラインで読むことは不可能です。オフラインに行く場面があまり無い人には無料版で十分でしょう!!

ざっとこのアプリを紹介していきましたが、まだまだいっぱい機能が詰め込まれていてすごくおもしろいので、是非ダウンロードしていろいろ機能を試してみましょう!!

 

 

Wikipanion Plusをapple storeからダウンロード ¥600


書き込む


○ピックアップサイト○

逆アクセスランキング

人気ページランキング

ブログパーツ

はてブ登録数順

スポンサーリンク

RSSフィード

月別記事

カテゴリー

遊ぶ夫ブックマーク☆

最近のコメント

タグクラウド

最近の投稿