【災害時】3時間でスマホをフル充電させる鍋

2ちゃんねるまとめ

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/16 21:31:25
鍋に火をかけることで発電できるため、湯を沸かしながら携帯電話の充電などができる
「発電鍋」が注目を集めている。熱を直接電気に変える発電鍋を開発したのは大阪の
ベンチャー企業TESニューエナジーで、「ワンダーポット」の名称で売り出した。
地震など災害時に役立つだけでなく、環境に配慮して太陽光発電を自宅の屋根に設置する
といった消費者の動きにも適合できるとあって普及が期待される。

TESニューエナジーは2010年5月、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)の
技術をもとに、二酸化炭素(CO2)削減に貢献するベンチャー企業として設立された。
所在地は、大阪府池田市にある産総研の関西センター内で、主に工場などで熱として
棄てられている未利用エネルギーを電気に変える事業を展開している。熱を電気に変える
技術を持つのが特徴だ。

開発のきっかけは東日本大震災だった。TESニューエナジーの藤田和博社長は、
11年3月11日にテレビ画面で見た東北の被災地の映像が自分を動かしたという。
まだ寒い冬空の中、被災者が集めた木材をドラム缶に入れて暖を取っている姿が
目に留まった。この光景を見た藤田社長は「あの火で何かできないか」と考えた。

当時、多くの被災者は安否情報を携帯電話で確認していたが、電気が不通になった
地域では携帯電話のバッテリーを充電できず、携帯電話が使えなくなっていた。
そこで、藤田社長は「温かい飲み物や食べ物を作っている間に携帯電話の充電が
できないか」と思い、自社の熱電技術を活用すれば、このイメージを具現化できる
かもしれないと直感した。早速、震災当日の夜に開発を開始した。3カ月ほど試行
を繰り返し、6月上旬には完成させて販売にこぎ着けた。

発電鍋は、鍋底に熱発電板を組み込み、火で熱すると、水との温度差で電圧が生じる
仕組みだ。鍋底の外側に取り付けた熱発電板は鉄のカバーで覆った。厚さは、主力
商品である容量1リットルタイプ(深さ9.3センチ)の場合、6~7ミリ程度となる。

鍋の中に水を入れた状態で、火にかけると熱が発生、沸騰してできたお湯は
約100度になる。一方、直火があたる鍋底は550度まで上昇する。熱発電板に
ある電子は、高温側から低温側に移動する特性を持つので、電子が流れて電気になる。
発電した電気を導線で取りだして鍋の取っ手まで送り、取っ手の先端に取り付けた
出力口にUSB充電ソケット用のケーブルを差し込む。こうして携帯電話の充電が
可能になる。(※続く)

no title


●発電の仕組み
no title


http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140216/biz14021618000003-n1.htm

スレッドURL:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1392553885/

2: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/16 21:31:39
>>1の続き

容量1リットルの発電鍋で発生する電気は7ワットほどで、スマートフォン(高機能
携帯電話)のフル充電までは約3時間かかるという。

発電鍋は今では、年間1500個ほど売れている。しかも国内だけでなく、電気が
行き渡っていないウガンダなど世界16カ国にも輸出された。

容量1リットルの発電鍋「ワンダーポット7」の価格は1万4700円。ほかに
3.5リットル、5リットルなどもある。専用の蓄電池もあるので、電気をためて
おくことが可能だ。

藤田社長は発電鍋について、「地震など大災害時の備えとして自治体などにも
導入を働きかけていきたい」と話すが、個人が身近に実践できるエコグッズとして
一層の浸透が期待されている。

◎TESニューエナジー http://tes-ne.com/Japanese/

スポンサーリンク
9: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 21:39:28 ID:QxndfNX/
ゼーベック効果か
ところで>>1の図を書いたのは産経か?
どう考えても発電できない配線なんだが

147: 名刺は切らしておりまして 2014/02/17 09:41:28 ID:hm5dVhhS
>>9
> ゼーベック効果か

だな。
学校で習ったとき
“北極と赤道を閉回路で形成すれば永久機関じゃね?”
と発言した輩がいたw

で、今回商品の問題は

– そもそも災害時には中継局もダウンしている
– 直火を起こすことは割と難しい
( 東日本大震災でも津波と山火事の挟み撃ちに出くわした場所が多い )

なんだが、それは購入者が解決しろってことか

84: 名刺は切らしておりまして 2014/02/17 00:10:47 ID:6dLVjX4K
>>1 の原理でどうやってあの電球が点灯できるのかいまいち理解できひん。
燃料も水もあったが、通話は緊急ならともかく他は無理だしメールもとどかなかったけどアンテナは立ってた。それでも48時間すぎると中継局が次々にダウンしてアンテナ無しになった。
しかしスマホのワンセグが見られるなら考えたい。画面から得られる情報量は多い



3: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 21:32:41 ID:+El5KH+E
なんでお湯を沸かす必要があるの?

75: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 23:33:57 ID:ApCnEQhw
>>3
温度『差』発電だから、お湯入れないと温度差出来なくね?w



11: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 21:42:07 ID:UcVcWxHp
タービン回した方が効率はよさげ
それに使うのは震災だの交通網の麻痺による問題が起きた時用だがなー
誰が三時間も鍋を火に掛けるんだよ!
炊き出しずーっと続けるって言うなら話は別だが普段は絶対に使わんよな。



12: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 21:42:23 ID:gv2xv+Cb
ん? 焚き火で発電するキャンプストーブは売ってるぞ。
バイオライトの奴とか、結構メジャー。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1824222

こっちの方がよくね?

151: 名刺は切らしておりまして 2014/02/17 10:31:01 ID:zPg8D3Au
>>12 俺もそれを思い出した。



15: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 21:45:49 ID:zAeONhQa
3時間火にかけっぱなしか。
効率のことを考えるのはよそう。

17: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 21:46:22 ID:u87eKH9H
>>15
それ以前に鍋が空焚きになる

102: 名刺は切らしておりまして 2014/02/17 01:10:02 ID:vBZv/OcX
>>17
永久機関ではないけど

発電鍋の上にアルミ板などを設置

鍋の脇に小さい風車型発電機を接地し、沸騰地の滞留で風車を回す

風車は発電するだけでなくアルミ板も冷却する

アルミ板を冷やす事によってできた水滴が鍋に落ちる

最初に戻る



22: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 22:00:04 ID:+Mcnsk3t
バイオライトは、まともに使おうと思ったら
燃料を少しずづ黙々と燃やし続けないといけないとか。
こっちはこっちで十分な水が必要か。



25: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 22:05:20 ID:6TOv0OBd
3時間も火に掛けてスマホを充電?
効率悪いな
日常使ってる熱を蓄電池に貯めてから
3時間掛けて充電するなら画期的だけど
却下だな。使い物にならないよ



26: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 22:07:48 ID:53WgMRQm
此れはこれで結構な発明品だろう。
軍事的な意味もある。



27: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 22:07:50 ID:Tirg1q+l
自転車で走ってる間に携帯充電とかないのかな。

171: 名刺は切らしておりまして 2014/02/18 14:19:32 ID:6pOVpPsr
>>27

185: 名刺は切らしておりまして 2014/02/20 07:06:02 ID:dLvnsTcr

172: 名刺は切らしておりまして 2014/02/18 14:22:28 ID:6pOVpPsr
>>27
それいいね



35: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 22:19:00 ID:c8dQAKUQ
まあいいんじゃね。
自宅の電気が止まってガスだけ復旧してるときとかはあると便利だろ。
1万5千円は出せないけど



36: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 22:19:04 ID:4Ktwbkr8
余震収まらず外で焚き火して夜明かし用にゃいいかもね。
町内会用にドラム缶焚き火用鍋にして発電量稼げばいろいろ捗るだろうて。



49: 名刺は切らしておりまして 2014/02/16 22:39:17 ID:XjIsE12i
まああれだろ、これを基にって話だろ

スポンサーリンク

書き込む


○ピックアップサイト○

逆アクセスランキング

人気ページランキング

ブログパーツ

スポンサーリンク

はてブ登録数順

スポンサーリンク

RSSフィード

月別記事

カテゴリー

遊ぶ夫ブックマーク☆

最近のコメント

タグクラウド

最近の投稿